マネー

【資産運用は難しい】初心者向けの大事な情報

投資に関心をお持ちの方へ

お金と電卓

まずは経験してみよう

現在の日本は歴史的な低金利状態にあり、銀行の定期預金に預けてもほとんど金利がつかない状況となっています。一方で、少子高齢化の影響などもあり将来的には年金支給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げも見込まれており、今後はますます老後資金確保の自助努力が求められる時代となってきています。そのためには、銀行預金だけに頼るのではなく若いうちから資産運用を始めておくことも大切になるといわれています。少額投資非課税制度や、個人型確定拠出年金制度への対象者の拡大などの税制優遇施策も進められています。そのため、若いうちからそうした制度を上手く活用して、資産運用を始めていくことが求められる時代となってきています。とはいえ、投資初心者の場合はどういった方法で資産運用をすればいいのかわからない人も少なくないのが実情です。投資の世界では初心者だからといって周囲が配慮してくれるわけではないので、過度に投資を恐れる必要はありませんが、しっかりリスクを把握したうえで投資を始めることが重要となります。投資初心者にお勧めの資産運用の方法としては、積立投資という方法があります。近年では少額からでも積立が出来る投資信託が多数ありますので、投資初心者の場合は毎月の給料の中から定額ずつでも積立を始めてみるのもよいといえます。高額の退職金を元手に始めた結果、リスクの認識がなく多額の損失を被るケースも少なくないといわれています。しかし、若いうちから少額で投資になじんでおけば、将来的に投資で大きな失敗をする危険を避けることが出来る可能性も高まるといえます。