マネー

【資産運用は難しい】初心者向けの大事な情報

複数の投資商品を買おう

マネー

資産運用の初心者が気にするべきことは分散投資です。資産運用を始めたばかりの頃は、投資資金も乏しく、1つの投資商品に集中してしまいがちです。しかし、1つの投資商品に資金を集中することは大変リスクの大きい投資をしていることになります。なぜならば、その投資商品が期待通り値上がりすれば大きな儲けとなるものの、予想に反した動きをすれば大きな損失を被ってしまうからです。このような事態を避け、収益基盤を固めるためにも分散投資が必要なのです。資産運用の初心者のうちは、まずは株式投資信託や上場不動産投資信託等から始めてみるとよいです。投資信託のスキームを利用した金融商品は、多くの投資主からお金を集めて、投資主に代わり、プロが多くの株式や不動産に投資をしています。そのため、すでにリスク分散されているといえる状態にあり、分散投資の方法がわからない初心者でも、投資信託を買っておくことで分散投資の恩恵を受けていることになります。また、分散投資には投資対象の分散の他に投資時期の分散もあります。投資時期の分散とは、1度に色々なものを買わずに、同じ投資商品を複数回に分けて購入したり、別の投資商品を異なった時期に買ったりすることを言います。資産運用の初心者であれば、まず、この2つの意味での分散投資を常に心がけましょう。こまめに投資をすることを意識できるようになると、普段の生活の中で投資に必要な情報が自然と集まってくるようになってきます。