セーブマネーボックス

【資産運用は難しい】初心者向けの大事な情報

投資信託が安心

婦人

近年は資産運用の必要性が高まっています。銀行預金や郵貯の金利は日銀のゼロ金利政策の影響によって極めて低金利になっています。将来的にインフレになれば、物価が上昇するだけ金融資産が目減りすることになります。ただ物価の上昇と金利の上昇が連動していれば問題ありませんが、一般的には物価の上昇に市場金利の上昇が連動するとは限りません。資産運用の初心者にとって投資信託は最適な金融商品であると言えます。いまは分散投資が可能であって、資産運用の専門家であるファンドマネージャーが運用してくれるからです。金融資産を運用する初心者は市場価格の変動によるリスクを許容しなければなりません。リスクとしての価格変動幅の許容範囲が投資の目処になります。資産運用には価格変動にリスクが伴います。そのため、投資の初心者は投資した資産の増減に一喜一憂する傾向にありますので、長期的な視線も必要になります。資産運用の初心者にとって投資信託が最適である理由の一つが基準価額が公表されていることです。新聞やインターネットで簡単に確認することができます。資産運用は、保有している金融資産を大きく増やすことよりも、金利情勢によって目減りさせないことが重要になります。銀行に特別預金金利などのサービスが実施されているケースがありますが、基本的には銀行は預金よりも融資や運用商品の販売を強化しています。今後も資産運用を求めている個人顧客を銀行などの金融機関は重視しています。

投資に関心をお持ちの方へ

今後の日本では年金支給開始年齢の引き上げや支給額の引き下げが見込まれています。そのため、若いうちから資産運用などを行い老後資金を自助努力で確保しておくことが必要となります。資産運用の経験がない投資初心者の場合、まずは毎月の給料の中から少しずつでも積立投資を始めてみるよいといえます。

貯蓄とは違う運用

銀行の金利が低い現代において、自分で資産運用を始める人が増えて来ました。そこで初心者にお勧めの資産運用方法として確定拠出年金や個人型確定拠出年金から始め、毎月数万円程度から将来へ向けた投資を始めてみてはいかがでしょうか。

複数の投資商品を買おう

資産運用の初心者であれば、投資対象の分散と投資時期の分散に注意をしましょう。1つの金融商品に全額つぎ込んだり、1度に大量に買ったりすることはリスクの高い投資となります。基盤を固めるためにも分散投資を意識するとよいです。